新!川内名物 大綱あられ

太鼓の音が鳴り響き、ワッショイの声がこだまする。

薩摩川内の秋の風物詩 川内大綱引。

老若男女を魅了する勇壮なこの祭りの大綱をイメージして風味豊かなあられを作りました。


こだわったのはその味。

甑島で採れる薩摩甘えび(別名:タカ海老)の粉末と、塩角が立たない旨みが特徴のこしき海洋深層水塩、国産のあおさをオリジナルブレンドしたえびしおあおさ味。

新しい薩摩川内名物!

「大綱あられ」をご家族みなさんでお召し上がりください。


〜〜鹿児島県指定 無形民俗文化財「川内大綱引」とは〜〜

慶長年間(1596〜1614年)に始まったとされ、一説には関ケ原の合戦の際、第17代島津義弘が兵士の士気を高めるために始めたと言われています。

以来、大綱引は川内の人々の心に強く根付き、中秋の名物として受け継がれています。